着物を高く買い取ってもらうための方法3選!

保存状態を良くしておく

着物を高く売るためのポイントとして、保存状態を良くしておくという方法があります。きれいに洗い張りがしてあり、仕付け糸がついていて、たとう紙などに包んであるとパーフェクトです。出来れば、シミを取り除き、ほつれなども直しておいた方が良いでしょう。手間ひまをかけて保存しているということが伝われば、それだけ買い取りの値段も高く設定してくれます。着物を購入する側の立場になって考えてみると、分かりやすいかもしれません。

裄や丈が長い着物が有利

高く買い取って貰える着物の条件として、裄や丈が長めにとってあることが挙げられます。最近では背の高い人が多いため、丈は最低でも150センチは欲しいところです。おはしょりも出せないほど短い着物では、着られる人が限られてくるため、中々高く買い取って貰うことは出来ないでしょう。着物を売りに行く前には、事前に手持ちの着物の裄と丈の長さを計っておくことをお勧めします。それによって買い取りの値段に差が出てきます。

素材の良さが繁栄される

着物の保存方法や丈なども大きな要素にはなりますが、やはり元の素材の良さも大きく反映されます。よそ行き用に作ったものや、成人式用に豪華にあつらえた着物は、やはり高く売れます。絞り素材なども高く売ることが出来るでしょう。その場合、あまりにも奇抜な柄の着物などよりは、古典的な柄の着物の方が好まれることが多いです。万人向けの柄かつ、少々値のはるような素材で作られた着物が高く取引して貰うことが出来るでしょう。

着物の買取に定評のある業者においては、連日にわたり全国の消費者からの問い合わせが殺到しており、着物の素材やデザインなどによって、買取額が大きく異なります。